クライミングをすると、どんな筋肉が鍛えられるのか?

クライミングをすると、どんな筋肉が鍛えられるのか?

クライミングはインナーマッスル(深層筋)を効果的に鍛える事ができます。
インナーマッスルは、骨に近い位置にあり、主に体の安定性やバランスを保つ役割を担う筋肉群です。

インナーマッスル(深層筋)は、骨に近い位置にあり、主に体の安定性やバランスを保つ役割を担う筋肉群です。
これらの筋肉は、姿勢を保持したり、関節をサポートしたり、日常の動作をスムーズに行うために重要です。

以下に代表的なインナーマッスルを挙げます:。
1. 腹横筋(ふくおうきん):
腹筋の中で最も深層にある筋肉で、腹部を締め付けるように働きます。体幹の安定性を高めるのに重要です。

2. 多裂筋(たれつきん):
背骨に沿って細かく分かれている筋肉群で、脊柱を支え、安定させる役割を果たします。

3. 横隔膜(おうかくまく):
呼吸を助ける筋肉で、胸腔と腹腔を分ける位置にあります。深呼吸や安定した呼吸パターンに関与します。

4. 骨盤底筋群(こつばんていきんぐん):
骨盤の底部に位置する筋肉群で、内臓を支えるとともに、体幹の安定性をサポートします。

5. 内腹斜筋(ないふくしゃきん)および外腹斜筋(がいふくしゃきん):
腹部の側面に位置し、体をひねったり側屈(横に曲げる動作)する際に働きます。

6. 腸腰筋(ちょうようきん):
腰椎から大腿骨にかけてつながる筋肉で、股関節の屈曲(脚を持ち上げる動作)に関与します。姿勢の維持や歩行時のバランスにも重要です。

インナーマッスルの主な役割は、体のコア(中心)を安定させ、関節を適切に支えることです。これにより、外側の大きな筋肉(アウターマッスル)が効率よく動くことができ、怪我の予防にもつながります。インナーマッスルを鍛えることで、姿勢の改善、腰痛の予防、スポーツパフォーマンスの向上など、様々な健康効果が期待できます。


更に詳しく、クライミングで強化される筋肉をご紹介します。

1. 前腕筋群
グリップ力が重要なため、前腕の筋肉が非常によく使われます。特に指の屈筋が発達します。

2. 上腕筋群
上腕二頭筋(力こぶの部分)や上腕三頭筋(腕の裏側)が強化されます。特に引っ張り動作で上腕二頭筋が多く使われます。

3. 背筋群
広背筋、大円筋、僧帽筋などの背中の筋肉が発達します。これらの筋肉は、体を引き上げる動作で使われます。

4. 腹筋群
クライミングでは体幹の安定が重要であり、腹直筋や腹斜筋などの腹筋がよく使われます。特にバランスを保つために体幹をしっかりと使う必要があります。

5. 下半身の筋肉
大腿四頭筋、ハムストリングス、ふくらはぎの筋肉などが使われます。特に足で壁を押し上げる動作でこれらの筋肉が強化されます。

6. 臀筋
お尻の筋肉(大臀筋、中臀筋、小臀筋)もクライミングの際に重要です。特に高い位置に足を置いて体を持ち上げる動作で使われます。

クライミングはこれらの筋肉を効果的に鍛えるだけでなく、柔軟性、バランス感覚、持久力も向上させるため、全身のフィットネスを高めるのに最適な運動です。



クライミングコラムに関連する記事

クライミングジム 初心者向けガイド・トレーニングメニューの画像

クライミングジム 初心者向けガイド・トレーニングメニュー

初心者の方がクライミングジムに来店して、どんな事をするのか初心者がクライミングジムに初めて訪れた際の流れです。

1.受付(会員登録)
まずはジムの受付で手続きを行います。
QRコードを読み取...
夏のネイルデザインの画像

夏のネイルデザイン

注意をすれば、ネイルをしてボルダリングはできます。夏のデザインのネイルはとても楽しいですね!

夏にぴったりのネイルデザインには、以下のようなものがあります。

1. ビーチモチーフ
シェル、...
朝、ヨガをしてみませんか?の画像

朝、ヨガをしてみませんか?

月曜の朝、ヨガレッスンを始めました朝にヨガをするメリットは沢山あります。

1. エネルギーレベルの向上:
朝にヨガを行うことで、体を目覚めさせ、エネルギーレベルを高めることができます。深...