麻布十番商店街から徒歩5分!

港区南麻布(麻布十番 白金高輪 広尾 六本木)のクライミングジムSPIDERのホームページにお越し頂きまして有り難う御座います。


※今月の「 店休日 / 営業時間 / 貸切時間帯 / 企画イベントカレンダー 」はメニューの「“ 最新情報 “」をご覧ください。

※分からない事や疑問点が御座いましたらお気軽にお電話をご意見、ご質問をお聞かせください^^
Home / 日々のできごと / 図書寄贈への御礼

図書寄贈への御礼

 

スパイダー図書館に

また新しい本が入りました。

・約束のネバーランド

・ワンパンマン

共に最新刊で御座います。

これらの書籍は

今回も

小澤太一氏から寄贈頂きました。

この場をお借りして

お礼申し上げます。

小澤様

いつも本当にどうも有り難う御座います。

あ、

言い忘れていましたけれど

この小澤様って私なんですぅ~

えへへ。

 

『自分で自分を褒めてあげたい』

オリンピックでメダルを獲った選手が

試合後のインタビューで

そう答える時がありますが

今の私がまさにそれです。

 

もちろん

メダルを獲った訳ではないのですが

しかし

そもそも

人を褒める事に理由は必要なのでしょうか?

私はそうは思いません。

 

話は大きく逸れますが

そもそも

という言葉で私は常日頃

思っている事があるのです。

今日はそれについて

言っておきたいのであります。

 

“そもそも論”

よく耳にする言葉です。

個人的な感覚として

正直、なんだそれって思っているんです。

『そもそも論として~』

『そもそも論だよね』

いやいやいやいや

それ

論でも何でもないだろう

って思うんです。

 

ただの

そもそもでいいじゃん。

論いらないでしょ。

ロン不要説。

ついでに

ハリーポッターのロン不要説。

見てないけど。

 

そもそも

で済むところを

わざわざ

論を付け足すことへの不可解さ

そもそも論と言い直す事への不快感、

そして

それを良しとする世間の風潮には

大いに疑問を感じます

 

とは言うものの

そもそも

どっちでもいいんですけれどね。

 

というよりむしろ

どうでもいい。

そもそも論としてね。

Comments are closed.

Scroll To Top