麻布十番商店街から徒歩5分!

港区南麻布(麻布十番 白金高輪 広尾 六本木)のクライミングジムSPIDERのホームページにお越し頂きまして有り難う御座います。


※今月の「 店休日 / 営業時間 / 貸切時間帯 / 企画イベントカレンダー 」はメニューの「“ 最新情報 “」をご覧ください。

※分からない事や疑問点が御座いましたらお気軽にお電話をご意見、ご質問をお聞かせください^^
Home / 日々のできごと / 何も言えなくて・・・

何も言えなくて・・・

7/19は水曜日ですので

毎週恒例の

ノーザンライト改

を開催いたします!

15c70f6c404dfb8cc6f0595f6d5a5ae1-704x1024

ノー残業デーにライトなお値段で!

だって夏だもの。

といっても

まぁ

夏関係ないんですけど。

でもね

言いたいじゃないですか!

だって夏だもの。

・・・

そんな夏の暑さにやられてか

ちょっと疲れ気味。

源氏物語の主人公が

『光る君』であるならば

私は『疲れ君』であります。

念のため申しますと

この『君』は”きみ”

と読みのでありまして

“くん”ではありません。

“くん”だったら

『あばれる君』みたいになっちゃいます

※さかなクンはカタカナなので間違えないと思うので除外します。

私が初めてあばれる君を見た時の印象は

『もっと暴れるかと思った・・・』

であります。

その思いはいまだ変わっておりません。

テレビは見ないですし

常日頃、彼を見ている訳ではないので

たまたま目にしたその時に

暴れていなかっただけなのかもしれません。

しかし

“あばれる”を自分の名に入れる以上は

常に暴れていないといけない

24時間365日

誰が見ていようと見ていまいと関係なく

暴れ続けてこその『あばれる君』

なのではないでしょうか。

しかし

ひょっとしたら

私にはそう見えないだけであって

彼は彼なりに暴れているのかもしれません。

或いは

彼の考える暴れ方と

私の考える暴れ方には

大きな隔たりがあるのかもしれません。

・俺の暴れ方、

・俺なりの暴れ方

・俺だけの暴れ方

彼が

それをもってして

『あばれる君』を名乗るのであれば

私はもう何も言えません。

何も言えなくて・・・夏

であります。

Comments are closed.

Scroll To Top